名古屋でエコキュート取付を考えているならここ!口コミで評判のエコキュート取付業者をご紹介します!

エコキュートを買い替える時期とタイミングは?

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/09/02

エコキュートは長年使用していると、さまざまな部分で経年劣化が起こり故障のリスクが高まります。そのため、適切なタイミングで買い替えを検討する必要がありますが、買い替えを検討すべき時期やタイミングはいつなのでしょうか。ここでは、エコキュートの寿命とともに、買い替えを検討すべき時期やタイミングについて解説していきます。

エコキュートの寿命はどれくらい?

エコキュートの寿命は、10~15年程度と言われています。しかし、2001年に登場した比較的新しい給湯器であるため、寿命に関する正確なデータが出揃っていないのが現状です。10~15年という数字は、前身の電気温水器の平均耐用年数などから判断して導き出されていますが、そろそろ寿命や耐用年数などのデータが揃う頃と考えられます。

また、エコキュートはヒートポンプユニットと貯湯タンクから構成されていますが、それぞれの寿命は異なります。ヒートポンプユニットの寿命は5~10年ほど、貯湯タンクの寿命は10~15年程度です。ヒートポンプユニットは、実際にお湯を沸かすという非常に重要な役割を担っていますが、数多くの電子回路部品から構成されているため、不具合が起こりやすいという特徴があります。そのため、一般的に貯湯タンクよりも寿命が短いとされており、早い段階で故障などのトラブルが起こることも少なくありません。

一方、作り出したお湯を溜めておく貯湯タンクの寿命は、ヒートポンプユニットよりも長いのが特徴で、タンクの水抜きなどのメンテナンスを定期的にしていれば、より長く使用することも十分に可能です。なお、水質によっては寿命が短くなってしまうケースもあります。

特に、井戸水や地下水、温泉水などは寿命を短くしてしまう可能性があり、各メーカーとも通常の耐用年数を保証していません。したがって、井戸水などを利用している場合は、有料の延長保証への加入も検討することをおすすめします。また、エコキュートの中には、井戸水や地下水に対応したモデルも存在するため、それらを使用するのも良いでしょう。

買い替えを検討する時期やタイミングについて

前述したとおり、エコキュートの寿命は10~15年程度で、10年以上使い続けるとさまざまな不具合が起こる可能性が高まります。ただし、使用期間が10年以内であっても故障などの不具合が生じることも少なくありません。故障などの不具合が起こった場合、修理か買い替えのどちらかを選択することになりますが、設置した際に有料の延長保証に加入していた場合、その保証期間内であれば修理するのが基本です。

延長保証の期間は5年や8年、10年など各メーカーで異なるため、延長保証に加入している場合は保証期間を確認し、期間内であれば修理を依頼しましょう。延長保証に加入していない場合や延長保証外だった場合は、使用年数や修理費用などを確認して、修理にするか買い替えにするかを総合的に判断する必要があります。修理費用は、不具合が発生した箇所によって大きく変わりますが、10万円以上の修理費がかかることもあります。

また、使用年数が10年を過ぎると修理しても、すぐに別の部分に不具合が発生するかもしれません。そのため、10年以上使用し続けている製品が故障した場合は、修理ではなく買い替えてしまったほうがトータルでのコストを抑えられるケースも多いです。

加えて、10年以上使用し続けたモデルの場合、メーカー側に交換部品の在庫がなくなっている場合もあるため、部品がないために修理自体ができない可能性もあります。したがって、使用年数が10年を超えた製品に不具合が発生したときが、買い替えを検討する具体的な時期やタイミングとなります。

買い替えを検討すべき不具合について

使用年数が10年以上で何らかの不具合が発生したときが、エコキュートの買い替えを検討すべきタイミングとなりますが、具体的な不具合としては「お湯が出ない」「給湯されるお湯の量が少ない」「給湯が止まらない」「水漏れの発生」といったものが挙げられます。

「お湯が出ない」「給湯されるお湯の量が少ない」「給湯が止まらない」といった不具合が発生した場合、説明書やメーカーのホームページを参考にエコキュート本体をリセットすることで改善することもあります。しかし、これらの不具合が頻発する場合は、寿命が近づいているサインで、いつ故障してもおかしくない状態なので早めに対処しましょう。

また、「水漏れの発生」についてですが、沸き上げ中のヒートポンプユニットや貯湯タンクの周辺で見られる水漏れは、結露やタンク内で膨張したお湯が排出されているだけなので、対処不要の症状です。しかし、いつもよりお湯がなくなるのが早くなった、沸き上げをおこなって残湯のメモリが増えない、お湯の温度が安定せず水に戻ってしまう、電気代や水道代が高くなったといった場合は、配管などから水漏れが発生している恐れがあるため、買い替えを検討する必要があります。

 

一般的に、エコキュートの寿命は10~15年程度と言われています。定期的なメンテナンスを怠らなければ、それよりも長く使える可能性もありますが、寿命が近づくにつれてさまざまな不具合が起こる可能性が高まり、修理をしても別の箇所で再び不具合が発生するかもしれません。

そのため、10年以上使用し続けたエコキュートに何らかの不具合が発生した場合は、修理するのではなく思い切って買い替えの検討を進めてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

サイト内検索