名古屋でエコキュート取付を考えているならここ!口コミで評判のエコキュート取付業者をご紹介します!

エコキュートで電気代が節約できるのか

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/02/24


「給湯器をエコキュートにして光熱費を節約」という言葉を見聞きすることがありますが、そもそもエコキュートはどのようなもので、一般的な給湯器とは何が違うのでしょうか。そこで本記事では、本当に電気代などの光熱費を節約できるのか、できるならどのような理由でエコな生活をすることができるのかということについて説明していきます。

エコキュートと一般の給湯器の違い

エコキュートとは給湯器で、お風呂やキッチンで湯を使う時に使用します。一般的な給湯器はガスや電気を使って水を温めて湯を作り出しますが、エコキュートの場合は主に電気によって湯を沸かします。しかし電気だけではなく空気熱も利用しているのです。

エコキュートにはヒートポンプユニットと貯湯タンクがあるのですが、ヒートポンプユニットではファンを回して空気を集めて空気熱交換機に送り、そこで空気の熱を二酸化炭素などの冷媒に移し圧縮機に送って冷媒を集めます。それをさらに圧縮して温度を上げ、その温度が高くなった空気を水交換機に送って熱を水に移し替えて貯湯タンクで保温されるという仕組みです。

その後冷媒は膨張弁で温度を下げられたあと、空気熱交換機に送って空気熱をもらうということを繰り返して、水から湯を作っていきます。 同じように電気を使う一般の給湯器は、タンク内の水を電気ヒーターで温めて温度を上昇させ湯を作ります。必要な時に必要な分だけ湯を作ることができる瞬間湯沸かし器や、追い炊き機能がついていて一定の温度を保つことができる高機能なものもあります。

また設置費用は高価ではなく、機器も大きくないので設置場所に困ることも少ないなどメリットがありますが、電気だけを使用して湯を温める電気給湯器は、空気熱と電気の両方を使って湯を作るエコキュートに比べて電気代が高いというデメリットもあります。

エコキュートと電気給湯器で実際にかかる電気代を比較

エコキュートはオール電化にする場合に設置される場合が多いのですが、オール電化になると灯油やガス代がかからない分電気代が高くなるのではないかということが懸念されます。

しかし、給湯器に使われる1日当たりの電気代は、エコキュートにした場合はおよそ30円から40円で、1か月にすると9,000円から12,000円、電気だけで作動をする電気給湯器の場合は1日90円から150円程度かかるという統計も出ていて、1か月なら27,000円から45,000円もかかることになりエコキュートのほうがずっと電気代が安くなることがわかります。

また一般家庭で光熱費全体の中で給湯器にかかる割合は、平均で28%という統計も出ているので、ガスなどの熱源も含めた光熱費の中で給湯器が占めるのは約3割、つまりエコキュートならガスなどを含めた光熱費の3分の1の費用で湯を沸かすことができるのです。

ただ設置をするためにかかる費用はエコキュートの場合は60万円ほどしますが、電気給湯器なら数万円から20万円ほどで取り付けることができます。それでも毎月の電気代が、もともとかかっていたガス代などを含む光熱費の3分の1ほどで良いのでランニングコストが抑えられます。電気給湯器とは初期費用が50万円ほど高くなりますが、毎月の電気代で2万円程度差が出るため、2年くらいで初期費用の差を取り戻すことができるのです。

愛知でエコキュートを導入して電気代を節約

光熱費となる電気代は、家族の人数や住む地域によっても異なります。北海道や東北、北陸など寒い地域になるほど電気をよく使うので光熱費も高くなります。エコキュートにかかる電気代は北海道電力エリアならひと月平均2,500円のところ、沖縄電力エリアなら900円ほどで済むという統計があります。

愛知の場合は中部電力エリアになるのですが、ひと月当たりの電気代は平均1,800円程度に抑えられます。エコキュートにかかる電気代が1,800円なので、給湯器以外の電化製品を含めた1か月の電気料金はおよそ3倍の5,400円ほどです。オール電化なので通常ガスなども含める光熱費はこの電気の料金と同額になり、5,400円ほどの費用が1か月の光熱費ということになります。

愛知は中部地方で冬は寒くて夏は暑いとはいえ北海道や東北などに比べれば冬でもそれほどの光熱費はかかりませんが、冬になるとどうしてもお風呂の湯音も高くなり冬の電気代は夏に比べてずいぶん高くなるのです。

そんな時電気だけで湯を沸かす給湯器よりも、空気も使って湯を沸かすエコキュートを使うことによって冬光熱費も抑えることができるので、導入してオール電化にすることが勧められます。 ただ導入にあたり業者によって設置価格やサービス内容が異なるので、愛知で業者を選ぶときには複数の業者から見積もりを取って比較してから業者を選ぶようにすると後悔をせずに済むでしょう。

 

エコキュートは電気と空気を使って湯を沸かすので、電気だけを使う給湯器よりもランニングコストが安くなります。愛知でも導入をすることで光熱費を節約できるので、導入が勧められますが設置費用は業者によって異なります。そのため業者に見積もり依頼をしてから慎重に選ぶようにしましょう。

おすすめの取付業者

イメージ
会社名中日設備株式会社株式会社JSG株式会社シーズン株式会社TCGグローバルイノベーション株式会社
おすすめポイント即日対応もOK!保証付きでコスパ最強の取付業者メーカー認定の特約店!一貫体制だから施工後も安心時間帯ごとに電力量単価が異なり、無理なく省エネ可能1万件の施工実績を持つ施工会社よりお得な提案を実現!スタッフの対応や質も◎
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧